PECS

PECS (Picture Exchange Communication System) はアンディ・ボンディ(Andy Bondy)博士とロリ・フロスト(Lori A. Frost)博士によって開発されました。その後1992年に2人によってピラミッド教育コンサルタント社が設立され、現在世界8か国に設立されています。

アンドディ・ボンディ(Andy Bondy)博士は応用行動分析学(ABA)を専攻、1976年カンザス大学でインターンシップを終了、ノースカロライナ大学グリーンスボロ校にて学位を得ています。

ロリ・フロスト(Lori A. Frost)博士はもともとはアーカンザスとノースカロライナ大学チャペルヒル校にて言語聴覚(speech-language patjologist)を学び、コミュニケーションとABAのトレーニングも積んでいるとされています。

PECSの目的は以下です。

1:大人に依存せずに、自分からコミュニケーションを始める

2:コミュニケーションの相手を見つけて、自らその人にアプローチする

3:絵カードを使用するためにメッセージの取り違いが双方にない


 その手法は絵カードをコミュニケーションに用い、そのコミュニケーション能力の獲得までに6つのphaseに分けて向上させていきます。

最大のポイントは自発的アプローチと受け手が理解しやすい事で、要求のコミュニケーションを最初に機能させ、その習得スピードにも特化していることだと思います。
 もちろん、社会性の発達は無くてもよいと考えている訳ではなく、あくまでもコミュニケーションで自分の要求を伝える事からスタートに主眼を置いています。


参考文献
自閉症児と絵カードでコミュニケーション アンディ・ボンディ/ロリ・フロスト著