より良い親子関係のためのコミュニケーション

 子供のコミュニケ―ションを考える上で、親自身が子供とどうコミュニケーションを取るのかも重要になってきます。Child Development Institute Parenting TodayのGuidelines For Parent/Child Communicationより子育てにおけるコミュニケーションを学びます。

 良いコミュニケーションは子育てスキルとして重要です。

 どうやったら効果的なコミュニケーションが取れるのかを考えたいと思います。子育てはポジティブな親には、子供との関係が出来るので楽しめる作業です 

 一方で、年長児や思春期の子育てをしているのであれば、良いコミュニケーションはお互いを尊敬するのと同じくらいself-esteemを構築するのに鍵となるものです。

良い親子関係の基本原則とは

・必要であれば助けることを子供に伝えておく。
・子供が望まないならテレビを消して、新聞をおく。
・子供が重要なことを話している時には電話をしない。
・他の人々が関連するような時には、会話を内緒にする。
 親子のもっとも良いコミュニケーションは、他人がいない時である。
・子供をまごつかせたり、他の人の前に置くのは怒りや敵意を生むだけ。
・子供を見下ろしてはいけない。子供の目線に下がって話しをする。
・子供の行動や起こした出来ごとに腹が立ったら、冷静になるまでコミュニケー ションを取らない。怒るのをやめて、落ち着いて、後で子供と話しましょう。
・とても疲れているなら、聞くことに対してとても努力がいる。心も体も疲れて いるなら、子どもの話を聞くことはとても難しい。
・子供の話は注意深く、やさしく聞きく。話そうとしている時には中断しない。
・なぜか聞いてはいけない、何があったか聞く。
・もし親が知識のある状況であれば、知識を基に子どもに挑戦させる。
・“畜生”、“バカ”“のろま”などの非難する言葉や“バカ、全く意味がない”、“何を 知っているの?まだ子供でしょう”などの非難する会話をしてはいけない。
・子供が解決するための段階を計画し助けてあげる。
・何かをしたしないにかかわらず、子供自身を受け入れる
・子供がオープンなコミュニケーションを取れるようにし続ける。


つまり、子供を受け入れ、コミュニケーションしようとする努力をしましょう。



参考
Child Development Institute Parenting Today