自閉症スペクトラム障害児の偏食について ①

子供の成長発達において、偏食はある一定時期には現れます。

 5歳くらいまでは表現すること自体が難しいですので、何が嫌で食べないのか偏食の原因の特定が難しいのが、子育てをされている方の実感だと思います。

ただし、自閉症スペクトラム障害児においては、適切な介入がなければ偏食の修正は困難になり、長引くことになるかもしれません。


 診断がついている子供を振り返ると、生後6か月以降の児では固形物の開始が遅れゆっくり食べる傾向にあり、生後15~54ヶ月では、養育者が食事させるのが難しいか偏食がひどいと感じ、生後24か月~54ヶ月では新しい食べ物を食べさせるのが難しかったと話している統計が出たとの報告もあります。エモリー大学の発表では、定型発達児に比べて5倍食事中の偏食、癇癪、こだわりなどがあるとしています。

アーカンサス、シンシナティ、コロラド、 ピッツバーグ、ローチェスターで行われた252人の自閉症スペクトラム障害児の調査では、2~5歳では肥満傾向にあり、5~11歳では痩せ傾向にありました。別の報告では、野菜、サラダ、果物摂取が少ないが、同様に甘いものや炭酸飲料の摂取も少なかったともあります。栄養面でカルシウムとタンパク質が不足し、生後38か月の時点ではビタミンC,Dが不足する傾向にあるとされています。


 この食問題が長引けば、成長発達、社会生活困難と学業不振、肥満や糖尿病、心疾患などの内科的問題が出てきますし、極端なタンパク質不足は、精神発達にも影響を与えます。このため、栄養状態の評価はルーチンで組み込まれるべきとしている施設もあります。


では、偏食で悩む場合には、どうすればよいのか?

 まず重要なのは内科的問題や食物アレルギーの否定です。

偏食が極度に進んで入院にて治療する場合もあります。

 小児科医かアレルギー医に、食物アレルギーや医学的問題に起因したものがないか確かめる必要があります。

 匂いや特定の食べ物で胃腸の調子が悪くなることから、ある食べ物のグループを嫌がる避けることがありますし、以前にひどい味がした、下痢や嘔吐してしまったなどの経験がある場合には、その後から嫌がることは子供においては普通です。

 しかし、食生活が困難とされた自閉症スペクトラム障害児のうち、約8%が実は食物アレルギーだったとしている報告もあります。食物アレルギーの場合には無理に食べさせると重篤な症状を呈することがあるので、医学的問題の否定なしに無理に食べさせることは行ってはいけません。

 また、身体拘束は有効ではなく、羽交い絞めなどで無理に食べさせることは論外であり、子供にとって非常に危険です。

また、ごはんを食べたらアイスクリームを食べてよいなどの強化子や称賛を与えて食事をさせるのも長期的にみて成功しません。


もし、医学的問題がなければ、決して家族内だけで解決しようとしてはいけないともされています。子供がいる家庭で偏食を問題にするのは普通でありますが、決して子供に強制して食べさせたり、口論の原因になったりしてはいけません。状況が悪化するばかりで、好転することは決してありません。


そもそも、自閉症スペクトラム障害児は新しいことを嫌がる傾向にあります。
この不安に対する対策を考えるのが原則です。


考察せずに安易に偏食とレッテルを貼らないことが大切です。


具体的的な対策の考え方は次回にお話しさせて頂きます。



【参考文献】
①“Encouraging Picky Eaters with Autism to Try New Foods” 
  Emily Kuschner, PhD Children’s Hospital of Philadelphia
  Autismspeaks “GOT QUESTION” November 9, 2012
②“Seven Ways to Help a Picky Eater with Autism”
  Autismspeaks May 7, 2013
③“Nutrition and Autism”  Autismspeaks February 07, 2013
④“Feeding Symptoms, Dietary Patterns, and Growth in Young Children
 With Autism Spectrum Disorders”
 Alan Emond, Pauline Emmett, Colin Steer and Jean Golding
 Pediatrics 2010;126;e337
⑤“Dietary Management of Autism Spectrum Disorder” 
  Elaine Isherwood, Katie Thomas Dip D, Beverley Spicer   
  the British Dietetic Association Specialist Paediatric and Mental 
  Health Groups
⑥“Iron Status in Children With Autism Spectrum Disorder”
   Ann Reynolds, Nancy F. Krebs, Patricia A. Stewart, etc
   Pediatrics 2012;130;S154