親の態度があたえる影響について①


子は親をみて育つと言われますが、実際どこをみているのでしょうか?

今回は、研究結果とデータを基準にした正しい親のあり方を考えていきたいと思います。

個人の仕事に対して評価を与える際には、褒めてから改善点を指摘することの重要性は以前から言われています。

 しかしながら、どなる・直接的に指摘された、思わず指導してしまった経験がある方もいらっしゃるでしょう。
  一方アメリカで仕事をする際に、怒鳴られることはあるでしょうか?(もちろんあるとは思いますが、話の流れ上ないと仮定してください)「良くまとまっているね。しかし、この場合にはこっちの方が~の理由でよくないか?」など、褒めてから本題を指摘されることの方が多いかと思います。
 日本では怒鳴られたり直接言われたりする代わりに、ポジションが無くなったり、解雇されることはまずありません。アメリカでは、仕事ができなかったり、謙遜して「いえ、私は」などと言えばそのまま終了だったといった話を周囲では良く耳にしますし、またその経験自体が筆者にもあります。

どちらが良いと決めることは受け取る方次第ですが、怒鳴ることをネガティブな意味に過程すると「子供に怒鳴るだけ」で改善することは何もないのは確かです。

向山(①)は、「どなる教師」は不適格教師であるとし、子どものセルフエスティームを壊すことを指摘、「教えてーほめる」ことが教育の根本原理であるとしています。

 築山(②)は、怒鳴ることは怒鳴る側が思い通りに行かない感情を出しているだけであり、子どもに怒鳴ることは思考が止まってしまい逆効果であるとしています。脳は、「好き、嫌い」といった感情系の情報が優先され、怒鳴ることは相手に「イヤだ」という感情系の情報を先に伝え、それ以上の情報が伝わらなくなるとも述べています。しかし築山は記事の中で、怒鳴ること全てを否定はしてはいません。危険なプレーや、全力を出さない時には怒鳴ることも必要だともしています。


次回はこの点を深くを考えて分類してみたいと思います。

 


【参考文献】
①向山洋一. 教えてーほめる セルフエスティームを育てることこ
 そ最も大切だと医師は言う. 現代教育科学 54(1), 106-110. 2011
②築山 節. ジュニアサッカーを応援しよう! Vol.26秋号 P0122-125, 2012
③平岩幹男. 発達障害児への ライフスキルトレーニング:LST: 学校・家庭・医療 機関でできる練習法. 合同出版. 2015
④平岩幹男. 自閉症スペクトラム障害――療育と対応を考える. 岩波新書. 2012
⑤宍戸 恵美子著, 平岩 幹男監修. 教えて、のばす!発達障害をかかえた子ども. 少 年写真新聞社. 2011