習い事について③

それでは、個々の代表的な種目についてみてみます。

どの習い事でも、根性論がベースにあるところは、やめた方がよいでしょう。

あくまでも「習い事の目的」がズレないようにし、楽しめることを前提に考えます。

 自閉症スペクトラム障害児は、集団競技が不得意な場合も多く、個別競技の方が向いている傾向が強いようです。教え方にコツがいるために、上手く指導できるインストラクターが少ないのも現状です。金銭的余裕があれば、セラピストと相談しながら個人トレーナーつけることも考慮することができるでしょう。

集団 サッカー、野球、バレーボール、ダンスなど
個別 卓球、テニス、水泳、剣道、体操、ダンスなど

体幹の強さや感覚過敏などにも注意します。競技は好きでも教室の人数が多いと通えないこともあります。

① 水泳:習わせる目的の多くは体力増進
 習い事No1です。

 コースがきまっているので、選手コースでの練習が自信につながることもあります。学校での体育の成績や運動が遅れそうだからと言った理由で幼少時から開始するのはやめた方がよいようです。学校に入り、水泳が好きな子が出てくると練習量に差が出ますので、あっとゆう間に追い抜かれてしまいます。当然ですが、体力も同様で、練習量に大きく左右します。

 ただし、泳げるようになれば忘れることはありませんので、一生ものではあります。 どの教室でもそうですが、気分にむらがあったり、パニックの種類によっては練習に行けない日があります。このため、通える回数を決められるか制限のないものがよいでしょう。水泳教室は1対1のものは少なく、集団がほとんどですが、待っていることが苦手なことも多いので、4~5人までの小グループ、できれば最初のうちは保護者が一緒に水に入ることもお勧めです。
なかなか上手な指導者に巡り会わないという問題もあります。

教室チェックポイント(参考文献②より改編)
・先生が子供にあっている(教える技術や工夫のレベルが高い)
・カリキュラムがある
・レベル段階が細かく分かれている
・通える回数が自由に設定できる(気分のムラがあるため)


② 格闘技:礼儀作法の習得は過度に期待しないこと
 現代は習える格闘技も多種多様です。人気なのは空手、剣道、柔道などで、礼儀作法を重視する方が多いようですが、子ども自身がその教義に興味をもっていないと難しいようです。
 空手では型空手が多いようです。剣道や柔道は警察署で子ども向けの教室を開いていることもあり、その場合にはかなり丁寧に教えてくれます。どの競技でも小児期に実際に打撃を当てることはありませんが、競技が本格的になってきたときには、興味がない子どもを無理に通わせないようにしましょう。この点では、合気道はおすすめです。
 ムエタイやMMA(総合格闘技)などは、外国人トレーナーが常駐している場合もあります。タイ人、カンボジア人は子供好きなトレーナーが多い印象で、慣れると格闘技が言葉不要のコミュニケーションとなる利点もあります。ただし、自閉症スペクトラム障害児の場合には、外国人トレーナーに慣れるまでは、体の大きさ(格闘選手のために特に大きい)や言語の問題で、最初は親が一緒でないと恐怖を感じるようです。


教室の場合には、本格的な教室、楽しむことや体を動かすことを重視した教室があります。注意する必要があるのは、教室に通った場合には、他の子との係わりです。真面目に練習している最中に、他の子にちょっかいをかけ続けたりすると、トラブルになるのは目に見えています。必ず、体験入会し、周囲の状況を見てから、目的と合わせて入会を決めましょう。


次回はその他の種目についてもみてみます。


参考文献
①コモ編集部編. まちがえない!子どもの習い事 選び方から生か し方まで. 主 婦の友社. 東京.
②杉山由美子. お子様おけいこごと事情. 岩崎書店. 東京
③松本留奈. 「第1回 幼児期から小学1年生の家庭教育調査報告 書 第2章 習 い事と教育費」. ベネッセ教育総合研究所. 2013.
④ ベネッセ教育総合研究所 http://berd.benesse.jp/jisedai/
⑤ EFFECTIVE EDUCATIONAL PRACTICE FOR STUDENTS   WITH   AUTISM SPECTRUM DISORDERS A RESCUE GUIDE,  Ontario, 2007.
⑥ クリスティン・バーネット (著)、永峯 涼 (翻訳). ぼくは数式 で宇宙の美し さを伝えたい. 角川書店. 東京.
⑦ 松浦 公紀. 0~~3歳のちからーモンテッソーリ教育が見守る 乳幼児の育ち と大人の心得. 学習研究社. 東京.