自閉症とは

自閉症スペクトラム障害とは

教育方針イメージ

 

自閉症は1943年にレオ・カナーが最初に報告しました。当初は知的障害を伴うと考えられてきましたが、この30年ほどの間に知的障害を伴わない高機能自閉症(高機能とは知的障害がない、明らかではないという意味です)も多いことがわかってきました。また自閉症のグループ全体はこれまでは広汎性発達障害(PDD)と呼ばれてきましたが、最近では自閉症スペクトラム障害(ASD)と呼ばれることが・・・・・続きをみる


ADHDとは

目標イメージ

 

ADHDは注意欠陥・多動性障害(Attention Deficit/ Hyperactivity Disorder)の略です。男子に4~8倍多いとされています。人口の2~8%と報告により異なります。忘れ物が多い、作業を途中で投げ出すなどの不注意の症状、割り込む、ルールを守らないなどの衝動の症状、落ち着いて座っていられないなどの多動の症状などから診断されます。基本的には知的障害は伴いませんが、高機能自閉症を合併している場合もあります。わが国ではコンサータ、ストラテラなどの薬物療法が中心ですが、ADHDの症状は・・・・・続きをみる


ディスレキシアとは


学習障害(LD)という概念があります。もともとのLDの概念は現在で言う発達障害すべてを含むような大きな概念であった時期もありますが、現在では学習障害は知的には問題がないにもかかわらず、学習課題で困難を抱える障害とされています。アメリカの現在の診断基準では、読みの障害、算数の障害、書字の障害が挙げられていますが、この中で読みの障害がもっとも多く、ディスレクシア(発達性読み書き障害)が・・・・・続きをみる