コミュニケーションの基礎知識 その①


コミュニケーションには


伝える事が目的:表出性

意味を受け取る事が目的:受容性

の2種類があります。



つまりコミュニケーションには少なくとも2人は必要です。


言われている事が分からずに「OK、OK」だけ話す。

コミュニケーションは成立していません。


つまり、こちらが言った事を相手が理解する相互理解があって、コミュニケーションが形成されます。


これには、表出性コミュニケーションの5Wが必要です。

① いつコミュニケーションが必要なのか?when

② なぜコミュニケーションが必要なのか?why

③ どこでコミュニケーションが必要なのか?where

④ どの方法でコミュニケーションが必要なのか?how

⑤ 何の行動がコミュニケーションに値するのか?what

 


逆に言えば「言語」でなくともコミュニケーションは成立します。

 

ジェスチャーなどの非言語的コミュニケーションです。


海外旅行を例にとると


喉が渇いたけど英語が話せないので、スーパーで店員に売り物のコーラを見せて買う。


使用する状況を理解し、意志の疎通がありコミュニケーションが成立すれば、自分の要求はかないます。


2016年07月13日