コミュニケーションが機能しない状況

コミュニケーションが機能しない状況とはどのような状況でしょうか?

旅行を例にとります。

滞在先の言語が出来ないと、ある程度は我慢してしまいます。

例えば、フォークがもう1本欲しい、ナプキンが欲しいなどの簡単な事は特にです。

それを繰り替えしていくとどうなるのか?

コミュニケーションは極端に減ります。


これは自閉症児にも置き換えられます。


コミュニケーションができないと、癇癪を起したり、特定の行動(壁に頭を打ち付ける、歯ぎしりするなど)に対して自分だけの意味づけを行うようになります。

自分だけの意味づけなので、他の人に伝わりません。

「コミュニケーションが機能していない」状況です。


つまり、コミュニケーションが機能しない状況とは

① 人の意思や感情が理解ができない、受け取れない

② 要求を伝えられない

③ 意思が伝えられない

④ 会話ができない


などが、原因として考えられます。


私達のコミュニケーションの主役は言語ですので、言語が出来ないと伝わらないものが多くあります。
 

ただし、言語ができないからと言ってコミュニケーションが出来ないわけではありません。

感情を理解する事を別にすると、双方の意志確認だけのコミュニケーションなら、会話ができなくとも早急に対応できる方法はいくらでもあります。

代表的なものがPECSです。

まずは「要求」の練習から始められるのが良いかと思います。

要求につきまして次回考えてみましょう。


2016年12月01日