攻撃してしまうことについて①

 

 定型発達児は、ストレスを言語・非言語を含めた認知能力(ストレス状況を避ける、ジェスチャー、言い返すこと)などでストレスに対応しますが、自閉症児はストレスを攻撃的な態度で発散すると言われています1)

 この攻撃性は、年齢が進めば少なくなるとする報告が多い一方、関係ないとする報告も多いです。
Alisonらも述べていますが2)、程度の差はあれ、自閉症児では攻撃性が定型発達児より多くなる年齢もあるようですが、これもはっきりしていません。IQや性差も関連あるとするものや関連はないとの報告もあり一致していません。ただし、IQが高くない方が一旦攻撃が始まると大変なことが多い印象があります。


このよくわからない攻撃性を親や周囲から見たらどうでしょうか。


完全にストレスですね。


攻撃的な態度は特に養育者に対して攻撃性は向けられます。そして、その攻撃性自体がストレスになるだけではなく、養育者の子どもへの虐待につながることが指摘されています3)

年齢が進めば無くるからといって、年齢が進むの待つのは現実的ではありませんし、いずれ大きな問題になるでしょう。


では、攻撃性を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?


攻撃性を「行動」ととらえ、攻撃性は「どこから来るのか」を考えてみます。


人の行動は、コミュニケーション、要求、その時の必要性、考え方などの一つの形であることが言われています1)


 この攻撃性や自傷は、非言語的コミュニケーション能力の低さと関連するといった報告も多く、またコミュニケーションスキルの低下、社会性の低下、常同行為(同じ動作の繰り返し)につながります4)。6歳時点での言語・非言語を含めた認知能力(問題解決能力など)が低いことは、攻撃性を含む問題行動の形成の中心なり、かつ9歳時の問題行動につながることが研究の結果指摘されています。言語コミュニケーション能力が低いとより攻撃性が出やすいことが指摘されています4)


 ところが一方、Andrea 4)らが行った研究では、言語、非言語コミュニケーションどちらがメインの児でも、ともに攻撃性に違いはありませんでした。
また、Andreaらは個々の自閉症児によっても大きく違いはありますが、他の同じ研究結果を報告し、程度の差はあれ自閉症児、定型発達児の攻撃性の頻度に違いはないとしています。


研究結果が様々ありますね(^_^;)


結局現時点で攻撃性において解っているのは、

①子どもにとっても自分ではすぐには解決できない過大なストレスがかかっている状況から攻撃性が出ている可能性があること

②自閉症児・非定型発達児やコミュニケーション能力の違い、IQとゆうよりも、それぞれの子の状況を解決する方法(問題解決方法)によるようだ

とゆうことです。
 

この状況は、自閉症児にとって混乱や不安を引き起こし、感情がコントロールできなくなるだろうとゆうことがわかります5)


次回はこの攻撃性の解決方法を見ていきます。

 

参考文献
1) Bronsard G, etal. Aggression in low functioning children and
 adolescents with autistic disorder. PLoS One. 2010.
2) Alison Presmanes Hill, etal. Aggressive Behavior Problems in Children with Autism
Spectrum Disorders: Prevalence and Correlates in a Large Clinical Sample. 1; 8(9):
1121–1133, 2014.
3) American Psychiatric Association. Diagnostic and Statistical Manual of
Mental Disorders. 5th ed. Washington, DC: American Psychiatric  
Association; 2013.
4)Andrea De Giacomo, et al. Aggressive Behaviors and Verbal Communication Skills in
Autism Spectrum Disorders. Global Pediatric Health, 2016.
5)Why is Autism Associated With Aggressive and Challenging Behaviors? Challenging Behaviors Tool Kit. Autism speaks, 2012.
https://www.autismspeaks.org/family-services/tool-kits/challenging-behaviors-tool-kit
6) 宍戸恵美子, 平岩幹男. 教えて伸ばす!発達障害をかかえた子ども. 少年写真新聞社,
2011.
7)Dominick KC, etal. Atypical behaviors in children with autism and children with a
history of language impairment. Res Dev Disabil. 2007;28:145-162.
8) Cristan Farmer, etal. Aggression in children with autism spectrum disorders and a
clinic-referred comparison group. Autism19(3): 281–291, 2015.
9) Why is Autism Associated With Aggressive and Challenging Behaviors? Auism
speaks, 2014.
10)平岩幹男. 自閉症スペクトラム障害 療育と対応を考える. 岩波書店. 2012.
11) Estes AM, etal. Level of intellectual functioning predicts patterns of associated
symptoms in school-age children with autism spectrum disorder. Am J Ment Retard.
112:439-449, 2007. 

2017年01月02日