攻撃してしまうことについて②

 

①の問題解決方法について考えてみます。

自閉症児の攻撃性に対して宍戸6)は、自閉症児は「攻撃することで起きる結果を解っている」だけで、「相手(結果)がどうなるかは理解していない」ことを指摘しています。

攻撃性は、強度行動障害とも言われ、相手を攻撃するだけではなく、自分の健康を害するような(異食など)場合や、他人に攻撃として向けられる場合などがあります。


例を見てみましょう。

遊びの時間に友達がオモチャを貸してくれないとします。

無理やり取った→相手が取り返そうとした→相手を叩いた→オモチャが自分のものになった

オモチャが使いたい時に相手を叩くとオモチャが手に入るといった間違えた方法を学んでしまいました。

この場合には、相手を叩くことで得をした経験があるので次回も同じ行動をとり、その行動は強まります。その場から走って逃げだしてしまうことも同じでしょう。


行動心理学でゆう行動随伴性ですね。


この場合には、叱っても意味はありません。


そもそも悪いと思ってないですから(^_^;)


原因は

 

間違えたコミュニケーションや問題解決方法を学んでしまった

 

ことです。


気をつけなければいけないのは、子どもたちはその時々で本人がベストである方法を取っていることです5)


 

参考文献
1) Bronsard G, etal. Aggression in low functioning children and
adolescents with autistic disorder. PLoS One. 2010.
2) Alison Presmanes Hill, etal. Aggressive Behavior Problems in  Children with Autism Spectrum Disorders: Prevalence and    Correlates in a Large Clinical Sample. 1; 8(9):1121–1133, 2014.
3) American Psychiatric Association. Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders. 5th ed. Washington, DC: American Psychiatric Association; 2013.
4)Andrea De Giacomo, et al. Aggressive Behaviors and Verbal Communication Skills in Autism Spectrum Disorders. Global Pediatric Health, 2016.
5)Why is Autism Associated With Aggressive and Challenging Behaviors? Challenging Behaviors Tool Kit. Autism speaks, 2012.
https://www.autismspeaks.org/family-services/tool-kits/challenging-behaviors-tool-kit
6) 宍戸恵美子, 平岩幹男. 教えて伸ばす!発達障害をかかえた子ども. 少年写真新聞社, 2011.
7)Dominick KC, etal. Atypical behaviors in children with autism and children with a history of language impairment. Res Dev Disabil. 2007;28:145-162.
8) Cristan Farmer, etal. Aggression in children with autism spectrum disorders and a clinic-referred comparison group. Autism19(3): 281–291, 2015.
9) Why is Autism Associated With Aggressive and Challenging Behaviors? Auism speaks, 2014.
10)平岩幹男. 自閉症スペクトラム障害 療育と対応を考える. 岩波書店. 2012.
11) Estes AM, etal. Level of intellectual functioning predicts patterns of associated symptoms in school-age children with autism spectrum disorder. Am J Ment Retard.
112:439-449, 2007. 

 


2017年01月23日