出来る限り早く療育を開始する理由①


自閉症スペクトラム障害児の介入(療育)を出来るだけ早く開始することが、子供にとって多大な利益になることは今さらでしょう。


しかしながら、問題は簡単ではありません。


理由は、

 

「早く診断をつけることが難しい場合が多い」



ことにあります。


私は今でも1歳で自閉症の診断をつける際には悩むことが多くあります。


早期で診断をつけることが難しいのは世界共通です。


ちょっと研究結果を見てみましょう。

 Lonnieらは、「生後12ヶ月以下でははっきりとした自閉症を診断するための指標はないが、生後12~18ヶ月までには、名前を呼ばれることへの反応がうすい、人と遊びたがらない、飛び跳ねることを繰り返すなどの自閉症と診断されるような特徴的な症状が出現している」と述べています1)

 別の研究では、「通常では自閉症の診断が3~4歳頃までにされることはない。しかし、多くの親は生後18ヶ月までには発達に気になる点があり小児科医に相談している」と報告されています2)

つまり、親が怪しいと思った時点で、自閉症スペクトラム障害と診断されていなくても、苦手な部分は練習(介入)することが良いでしょう。

出来るだけ早い療育の開始が、格段に社会スキルを向上させることも述べられています。


私も印象的には介入は早いほうが良いです。


しかし、研究結果が確立されていません。

勉強に置き換えて考えると解りやすいですが、あまり幼い子供に無理に計算をさせ、その後中学で全く勉強しなくなったなどはよく聞く話でもあります。

教え方、育った環境、本人の興味など様々な要因に左右されることがわかります。

 

何かひとつの方法だけが良い訳ではないこともわかります。


では、どうすればよいのでしょうか?


・診断がついた場合には当然出来るだけ早く介入します。

・診断がついてなくても、苦手な部分は練習します。

・つがダメでもあきらめずに、トライ&エラーを繰り返します。


具体的な考え方としては、「行動と発達」に絞って考えます。



次回はこのポイントを考えてみましょう。



参考文献
1)Lonnie Zwaigenbaum,etc. Early Identification and Interventions for Autism Spectrum
Disorder: Executive Summary. Pediatrics 136; S1-S9, 2015.
2)Lonnie Zwaigenbaum,etc. Early Identification of Autism Spectrum Disorder:
Recommendations for Practice and Research. Pediatrics 136; S10-S40, 2015.
3)Lonnie Zwaigenbaum,etc. Early Identification of Autism Spectrum Disorder:
Recommendations for Practice and Research. Pediatrics 136; S41-S59, 2015.
4)Lonnie Zwaigenbaum,etc. Early Identification of Autism Spectrum Disorder:
Recommendations for Practice and Research. Pediatrics 136; S41-S59, 2015.
5)平岩幹男(2012). 『自閉症スペクトラム障害 療育と対応を考える』 岩波書店.
6)平岩幹男(2009). 『発達障害 子どもを診る医師に知っておいてほしいこと』 金原出版株式会社.


2017年04月09日