親の態度が子どもの算数に与える影響①

学校が始まり、学業への不安はありませんか?

 子どもが学校や塾に通ってるだけでは、何でも解るようにはなりませんよね?

自宅では親が教えることが多いと思いますし、高学歴の成人を見た場合には、自宅での勉強はキッチンなど親の眼の届くところで行っていた子が多いなどのデータもあります。


では、不安はどこから来るのでしょうか?


この不安の多くは、


子どもの問題よりも、親が教えられないこと


にあるようです。


1+1=2などの足し算を子どもが理解出来なくて、イライラが出たことはありませんか?


算数への不安は親の影響が強いことがわかっています。


この算数への不安は、遺伝ではなく算数が苦手な親の態度に関係しており、さらには親が頻繁に算数の宿題を手伝っている場合に限り影響があることをErin1)らは述べています。

 渡辺2)は、教師の関わり方によって児童・生徒の情緒が安定したり、学習成績が向上することが示されている点を指摘し、児童の算数不安について、不安を低減させるような教師のサポート方法について明らかにすることができれば、効果的なサポートが出来ると述べています。

親のサポートも同じですよね。


親自身、「どこが解らないのかが解らない」ので、声を荒げたり、イライラしたりしてしまうようです。

 

子ども独自の視点を持っているので、「これはこうだから」は通用しません。

 

部下の育成や外国籍の子どもも同じではないでしょうか?



次回は親が持つべき態度についてお話し致します。

 


参考文献
1. Erin A Maloney, et al. Intergenerational Effects of Parents' Math  Anxiety on Children's Math Achievement and Anxiety.       Psychological science. 2015 ; pii: 0956797615592630.
2. 渡部玲二郎. 児童の算数不安の構造及びそれに対する教師のサポート につ いて. JJoumal of Educational Psychology, 1998, 46,      P184-192.
3. 長崎栄三. 数理問題解決能力をいかに育むか. 品質 Vol45. No. 4.    2015.
4. 大家まゆみ. 小学校算数「場合の数」に関する児童のインフォーマル な知識と解放 -謝りやすさを回避するためにー. 東北大学大学院教 育学研究科研究年報. 第64集 第1号, 2015.
5. 片山元. 21世紀型能力の育成を目指した算数科の授業づくり ~第  1学年「ふえたり へったり」の指導を通じて~. 岡山大学算数・数学 教育学会誌「パピルス」. 第22号P39-49, 2015.
6. Charles Cornell. I HATE MATH! I couldn’t learn it, and I can’t   teach it!. Childhood Education 75; 4; 1999.
7. クリスティン・バーネット著、永峯涼訳.「ぼくは数式で宇宙の美しさ を伝えたい(英題:The spark a mother’s story of nurturing genius )」
8. ランドール・マンロー. ホワット・イフ?野球のボールを光速で投げ たらどうなるか. 早川書房. 2015.


2016年04月10日